【世界一受けたい授業】美肌になれる!ハーバード式呼吸法で毛細血管若返り シミよさよなら | まさこのいい話

【世界一受けたい授業】美肌になれる!ハーバード式呼吸法で毛細血管若返り シミよさよなら

この記事は約 4 分で読めます。

こんにちはー。

今日もブログを見てくださりありがとうございます。

今日は、【世界一受けたい授業】の内容を元にブログを進めていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

最初に

女性・男性問わずいつまでも若々しく『あれ?また綺麗になった?』なんて社交辞令でも言われたいですよね。そんな日が続いたら外出も楽しくなっちゃう。でも年齢とともにお肌は老化をたどるばかりです。ですが今回「まさーこは見たぞよ!」(家政夫のミタゾノ)ある行動で毛細血管を若返らせ、シミを少なくする方法を!

あなたにも是非綺麗になれる体験をしてほしいと思いますので、これから書く「3つの行い」をまずは一週間実践して続けてみてください。(一週間後には「ちやほや」されちゃうかも)

ではさっそく書いていきますよー。

有酸素運動(軽い運動)をしよう

やはり健康や美肌にはデトックスである運動は欠かせないです。「美肌」に近づくためにも継続的な運動はしなければいけません。運動といっても「しんどい」イメージの運動ではなく、「有酸素運動」(ウォーキングなどの軽い運動)で、全然きつくはありません。逆にきついと感じる激しい運動では、毛細血管に負荷がかかり美肌とは逆効果の道をたどってしまいます。

それに合わせて、今回は毛細血管の若返りということもあり、軽い筋トレもして頂けると効果は「増し増し」です!自分が毎日続けられる運動量を心がけて、継続してくださいね。「継続は美肌なり」です。

毛細血管の老化のしくみ

血管内の細胞には「内皮細胞」と「壁細胞」というものがあり、それらの細胞は仲良くくっついています。ですが毛細血管が老化していくと、その細胞同士に隙間が生じてしまい血管が衰え「ゴースト化」してしまいます。それを防ぐためには、血管の受容体である「Tie2(タイツー)」が活性化しなければいけません。Tie2の活性化は、「内皮細胞」と「壁細胞」を近づけてくっつける性質があるので、「毛細血管の若返り」に繋がります。

では次ではその「Tie2」を活性化できる食材について書いていきます。

シナモンで綺麗にナルモン!

シナモンには「Tie2(タイツー)」を活性化する作用があり、普段の食生活に「ちょっとプラス」して頂けるだけで毛細血管を若返らせる手助けをしてくれます。朝食にパンを食べる方は上に少しかけたり、コーヒーを飲まれる方はその中にちょっと入れるだけで、普段の生活に「美肌」をプラスすることができますよ。

次が最後の方法です。個人的には一番効く感じがあるので是非やってみてください。

ハーバード式呼吸法で若々しい美肌ライフを

毛細血管を健康に保つためは、血流を良くしなければいけません。そして、血流を良くするために生み出されたのがこの「ハーバード式呼吸法」です。一度やると身体が軽くなる感じがするので是非やってみてください。やり方は以下です。

ではさっそく、さん、はい♪

① 口から空気を出し切ってください「口」

② 4秒かけて鼻から息を吸い「鼻」

③ 4秒息を止める

④ 8秒かけて口から息を吐く「口」

お疲れ様です。美肌に一歩近づきました!

これを1日に2~4回やってください。(寝る前にやるとより睡眠が深くなり効果的)

「ハーバード式呼吸法」は副交感神経が上がり、次のことも期待できます。

① 血流が全身に行きわたる

② リラックス状態になる

③ しっかり睡眠がとれる

④ リラックス状態をキープ

これで血流が改善され、より毛細血管を健康に保てますよー。

まとめ

結局のところ健康・美肌どんなことでも「軽い運動」は良いってことですね。私はよく3日坊主になることがあるので、そうならないためにも「無理のない継続」で続けていきたいと思います。一緒に続けて、美肌ライフを手に入れましょう。

最後に

個人的には「シナモン」が苦手なのですが、明日スーパーでさっそく購入して試そうと思うまさこでした。

Ps.「Tie2(タイツー)」を最初「パイツー」みたいに感じたのは私だけじゃないはずです。(期待)

追記

他にもTie2の活性化に良いとされる飲み物が発見されました。以下をご覧ください。【主治医が見つかる診療所】健康お化けな「ルイボスティー」Tie2(タイツー)編

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

7月10日よりTwitterはじめました!

7月10日より Twitter はじめました。

「記事が役に立った!」と思ったら、フォローお願いします!