ヒアリの大きさや巣の見た目は?家に出たときの駆除方法や対策まとめ | まさこのいい話

ヒアリの大きさや巣の見た目は?家に出たときの駆除方法や対策まとめ

この記事は約 8 分で読めます。

こんにちは、まさこです。

今回は、ヒアリの女王アリが大阪南港で見つかったことを受け、
もしも本格的に日本で繁殖が進んだ場合、
「私たちにできる対策は何か?」についてまとめたいと思います。

まずは、ヒアリの大きさ、巣の特徴から順を追って説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

ヒアリ、女王ヒアリの大きさ


画像:大きさの異なるヒアリ 右:女王ヒアリ(http://bugmugs.org/2012/04/varying-ant-sizes/)

ヒアリはその大きさにより役割がことなり、
最初は、若い働きアリとして多くの経験を積みます。

若い働きアリ:アリ塚造り、女王と仲間(卵、幼虫)の世話、コロニーを守り、食糧探索。
中年働きアリ:女王アリと仲間を動かす司令塔。
高齢働きアリ:コロニーの部屋を建設・修繕し、土の環境を維持する。
超高齢化アリ:食料を貯蔵している見張り番。

若い働きアリと、年寄りの働きアリとで役割が決まっていて、
ヒアリの社会は規則正しく行動を統括しているんですね。

そこまでまとまっている分、ヒアリから攻撃を受ける時は怖いですね。

こちらから、ヒアリの生い立ちや寿命を知ることができます。
ヒアリと女王ヒアリの生まれ方や寿命は?何を食べて毒を生成してる?

ヒアリの巣(コロニー)はどういった見た目なの?


画像:ヒアリのアリ塚(https://www.flickr.com/photos/martinlabar/1807058377)

もこっと、山のように土が盛られている形状が、ヒアリ特有のアリ塚です。

成熟(1年以上経過)したものは、
平均12〜15インチ(30~38cm)の幅と、約10インチ(25cm)の高さからなっています。

アリ塚の大きさと形状は、土壌タイプに基づいてある程度異なり、
環境が適した綺麗な土壌では、18インチ(45cm)の高さに達することができます。

アリ塚の中央には開口部はなく、ヒアリは地下トンネルを通って外を行き来します。
もしアリ塚が乱れたときは、働きアリが地面から出て来て、侵入者を猛烈に刺します。

内部の構造に関しては、以下の動画をご覧ください。

なんか芸術的ですね・・
って感動している場合じゃないですね。

地面に作るヒアリのコロニーは、円錐状の丸い部屋でいくつも形成されています。
部屋の深さは、1〜3フィート(30~90cm)で、
地面から部屋までのトンネルを含む全長は、5フィート(150cm)以上の長さになります。

大きいものになると地面にはこれだけ大きいコロニーが出来上がります。

もはや芸術作品です。

安易に巣に近寄らないで!触らぬヒアリに祟りなし!

間違っても、巣を刺激しないでください!

やつらは、ちょっとした振動でも敵とみなし襲ってきます。

しかも、最初は少量でも、徐々に大群で攻めてくるので、
上記の動画のように遊び半分で動画をとってYouTubeに上げようなどとは
決して思わないでください!

複数のアリに刺されてアナフィラキシーショック(急性アレルギー反応)を
起こしてからでは、遅いです!

ひと時の好奇心より、自らの命を大切にしてください。

刺されない対策としては、まずは怪しいアリ塚には近寄らないことです!

それでも足を踏み入れてしまった方は、こちらの対処法を実践してください。
ヒアリに刺された時10秒で出来る対策とは?海外の治療や対処法まとめ

家の中にヒアリがいたら?対策と対処法


画像:http://www.fumakilla.co.jp/news/2017/06/post-129.html

家でもし発見したら、ゴッ・・私はその名前を書きたくもないし口にしたくもないので、
「G」と表現します。(分からない人は想像力を働かせてください)

家でGを見かけるのも相当嫌ですが、ヒアリはまた違う怖さがありますね。

もし、ヒアリを見つけた場合は、
普段使っている殺虫剤をかければ駆除することが可能です。

ですがもし大量に家の中にいた場合は、速やかに家の外に逃げて、
最寄りの自治体(役場)に連絡をして指示に従ってください。

絶対に一人で駆除してやる!とは思わないでくださいね。
駆除しきれずに襲われて刺されてしまうかもしれません。

環境省などの連絡窓口に関しては、こちらから確認できます。
ヒアリの天敵や刺された時の症状や対処方法は?日本の他の危険外来生物まとめ

殺虫スプレーは、フマキラーの製品がおすすめです。

フマキラーのホームページでも、貴社の製品がヒアリに有効だと書いてあります。

ヒアリは殺虫剤に対して特別に強いわけではないので、通常のアリ用殺虫剤で十分に効果があるものと考えられ、ヒアリの緊急防除においては、当社の液体タイプとベイトタイプの製品が使用されています。しかし、ヒアリは攻撃性が強く、腹部の毒針で刺されると、激しい痛みがあり、死に至ることもある危険な生物ですので、ヒアリを発見した場合には、地方環境事務所等に通報してください。
 アカカミアリについても、アリ用殺虫剤が有効ですが、ヒアリと同様に毒針を持っており危険ですので、発見した場合には、地方環境事務所等に通報してください。

引用:フマキラー(http://www.fumakilla.co.jp/news/2017/06/post-129.html)

ヒアリが本格的に日本で繁殖したら殺虫剤がバカ売れしそうですね。

余談ですが、現在(2017年7月5日)では、
フマキラーの株価が28年ぶりに高値になったそうです。

ヒアリ、アカカミアリの完全駆除は、女王が弱点!

先に、ヒアリの女王アリについて説明します。

女王アリが複数いる場合は、繁殖を拡大して分布を広げるために、
その中の女王アリが引っ越しして、新しく巣を形成します。

下記の動画は英語ですが、画像だけでも説明が分かりやすいので載せます。


51秒から女王アリの分布拡大について解説しています。

女王アリの引っ越しから分かるように、
外の働きアリをいくら駆除しようと、女王アリが生きていれば減ることはありません。

女王アリは巣の奥で働きアリに守られながら毎日せっせと働きアリを産み続けます。

なので、完全なる駆除を行うには、
巣の中にいる女王アリごと全滅させなければいけません。

スポンサーリンク

巣(コロニー)の駆除方法


画像:薬品を巣に浸らせて駆除するイメージ絵(http://extension.msstate.edu/insects/fire-ants/control-fire-ants)

あくまでも、これは素人がやると危険なので、
こんな方法があるんだという感じで見てくださいませ。


画像:液体タイプ(http://www.fumakilla.co.jp/news/2017/06/post-129.html)

巣の中に上記の殺虫できる液体を入り口から流し込み、
巣の中にいる女王ヒアリごと全て駆除する方法です。

効き目は、即効性がありますが、
相手がヒアリなだけに素人がやるのは危険なので、
この方法の安全化が保障されるまでは、各自治体に任せましょう。


画像:置くだけタイプ(http://www.fumakilla.co.jp/news/2017/06/post-129.html)

こちらは、即効性はないですが、
働きアリの移動する範囲内に置くだけで、巣に毒のエサを持ち帰って
徐々に個体数を減らすことができます。

ヒアリにとっての毒の粒エサは、海外では多くの人が実践しており、
安価でペットの安全に考慮されている点が人気のようです。

なので、こちらの場合なら是非試す価値はあると思います。

時間はかかるかもしれないですが、
安全に巣を弱体化することが可能です。

余談:ヒアリ見てるとインディージョーンズ思い出す

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』をご存知でしょうか?
知ってるよ!という方も多いかと思いますが、簡単に説明します。

アドベンチャー(冒険)がテーマのアメリカ映画で、
『インディ・ジョーンズ』シリーズの第4作目になります。

それで、その内容の中に凄く凶暴なアリが出てくるのですが、
今考えるとヒアリがモデルにだったのかなと思う今日この頃。

あくまでも映画ですが、観覧注意です。それと、ネタバレ注意。

何回見ても、このシーンはグロイですね。

ヒアリはここまでヤバい奴ではないと思いますが、
強力な毒を持ち、集団で行動するので、危険な点は変わらないですね。

くれぐれもヒアリの様な見た目のアリや、
ヒアリ特有の盛られたアリ塚を見た際は、環境省や自治体の相談窓口にご連絡ください。

まとめ:ヒアリに近寄らないがベスト!

結局、駆除することは可能ですが、
なるべくヒアリには関わらないことがベストですね。

家の中にいた場合は別ですが、
それでも的確に駆除しないと、反撃の恐れもあるので、
なるべく専門業者や各自治体に任せた方が良いと思います。

今現在、ヒアリの侵入を港の内側までに抑え込んでいますが、
港の外に抜け出して住宅街へと身をひそめていたら、もう根絶はほぼ不可能と言えます。

市や環境省も消毒やトラップで対策はしていますが、
これもやり過ぎては、貿易の支障になりかねないので、
ひとつひとつのコンテナを綺麗に消毒するまでいかないのが現状です。

せめて、日本侵入も、港の中だけで抑え込んでほしいと思います。

では、今回は、

ヒアリのアリ塚の仕組みや、正しい駆除方法のまとめ

でした。

今まで発見されたヒアリは、ほとんどが中国経由ということで陰謀論など噂されています。
ヒアリが中国コンテナばかりから発見されるのはわざと?陰謀説を考察

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

7月10日よりTwitterはじめました!

7月10日より Twitter はじめました。

「記事が役に立った!」と思ったら、フォローお願いします!