今の髪のままで大丈夫?【正しいシャンプーの仕方】毎日行うからこそ正しい知識を身に着けよう | まさこのいい話

今の髪のままで大丈夫?【正しいシャンプーの仕方】毎日行うからこそ正しい知識を身に着けよう

この記事は約 4 分で読めます。

こんにちはー。

今日もブログを見てくださりありがとうございます。

今日は、「正しいシャンプーの仕方」について書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

まえがき

最近髪が伸びてきて、シャンプーが一苦労なまさこです。美容院で切った後は手軽にシャンプーできて楽ですが、1ヵ月ほどであの時の感動がなくなってしまい残念です。髪が伸びると、シャンプーもそうですが乾かすのも大変ですよね。最近では「ダイソン」がドライヤーを発売していますが、あのドライヤー(スーパーソニック)はすごいですね!今までのドライヤーと違って風圧がすごく強いし、何より「短時間で髪が乾かせる」のが良いですね。やはり、長時間ドライヤーで髪を乾かすと、髪の毛の「キューティクル」が失われ傷んでしまいます。でもこのダイソン製の「スーパーソニック」は「風圧が強い!」ので本当に短時間で乾かしてくれるみたいですよ!「乾かしてくれるみたい」と書いたのは実は私はまだ、購入していないからです。現在のドライヤーも髪の毛に優しい結構高価なものを購入したので、今のドライヤーを数年使ったらこちらに買い替える予定です。

…と話が大分それてしまいましたが、今回は大事な髪の毛を大切にしたいということで「正しいシャンプー方法」について書いていきたいと思います。

正しいシャンプー方法

知っている方も多いとは思いますが改めて、重要なのはシャンプー前後の「すすぎ」にあります。正しい順番は以下に番号をふって説明します。

1 【重要】まずは、ぬるま湯(38度程度)で十分に髪をすすぎます。

2 「髪の毛」をシャンプーします。その後すすぎます。

3 「頭皮」をシャンプーします。その後すすぎます。

4 「髪の毛」にコンディショナーを馴染ませます。その後すすぎます。

(5「髪の毛」にトリートメントを馴染ませます。)

最後に「十分に優しくすすいで」完了です。

最初のぬるま湯でのすすぎは、頭皮を柔らかくして血行を高め、その後のシャンプー・コンディショナーもより浸透しやすくなります。それに、「最初のすすぎで髪の毛の汚れは大半とれる」ので、優しくじっくり行うのが大切です!その後は「髪の毛」をシャンプーしすすいで、「頭皮」をシャンプーしすすぎます。髪が短い方(10mmの方)は2回のシャンプーは1回でまとめてもらって良いですが、大半の方はそれ以上髪の毛の長さがあると思うので、「2回シャンプーを行って」くださいね。それで、髪の毛が清潔に保たれたので、その後はキューティクルを補修してくれる、コンディショナーをつけます。この時、「頭皮につかないように注意」してください。頭皮につくと、毛穴に「角栓」が詰まって塞いでしまい髪の毛に栄養が行きわたらなくなるので気を付けてください。髪の毛にコンディショナーを数分馴染ませたら、しっかりと洗い流してください。トリートメントを使用する場合は、コンディショナーと同様「数分髪の毛に馴染ませて」から十分にすすいで、髪の毛の正しい洗い方は終了です。トリートメントについては、毎日やる必要はないので、「髪が傷んでるとき」や、傷みやすい人は「週に2度ほど」行うのが良いです。

まとめ

正しいシャンプーには、「すすぎ」が重要で、実際最初のすすぎでほとんどの汚れが落ちています。その後のシャンプーや、コンディショナーでも、「優しく」洗うことが大切で、爪が伸びている人は特に頭皮に当たらないよう「指の腹」で洗うようにしてください。いつまでも正しいシャンプー方法で、清潔で綺麗な髪を保持してくださいね。

あとがき

髪の毛はいつまでも「ふさふさ」であってほしいので、毎日のシャンプーで優しくいたわろうと思うまさこでした。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

7月10日よりTwitterはじめました!

7月10日より Twitter はじめました。

「記事が役に立った!」と思ったら、フォローお願いします!