歯磨きが10秒で出来るAmabrushの価格や発売日はいつ?評判や口コミは?

この記事は約 8 分で読めます。

こんにちは、まさこです。

今回は、凄い商品を発見しました。

それは、10秒で・・たった10秒で!歯磨きが出来てしまう優れものになります!!

でもちゃんと磨けないんだろって?

いえこちらの商品は、後で動画も用いて説明しますが、
本当にしっかりと磨くことができるんです!(公式より)

ん~でもお高いんでしょ?

値段は、後で発表しますが、
高い安いに関しては、あなたの価値観にゆだねます!

では、今回は、
次世代の電動歯ブラシである、「Amabrush」の評判から値段や発売日について
まとめていきたいと思います。


2017年9月24日に記事を更新しました。
追記内容:現在安く買える情報を更新!(9月24日)


スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

Amabrush(アーマブラシ)とは?

Amabrush(アーマブラシ)は、

1:マウスピース(歯ブラシ)

2:ハンドピース(本体)

3:歯磨き粉カプセル(歯磨き粉)

以上の3つのパーツから構成され、これらを組み立てて(とても簡単です、後で説明します)
口に入れて、10秒で歯磨きすることが可能な、マウスピース型の電自動歯磨き機です。

1:マウスピース(歯ブラシ)

マウスピースは、抗菌素材のシリコン製で、
ブラッシングに使われる毛は歯茎を傷めない柔軟な素材になっています。

歯科医や歯科大学と協力して製作しているので、

しっかりと磨けるように、毛は磨き残しの無いよう3D配置になっており、
ブラッシングの強さも歯を綺麗にするのに適した強さになっています。

マウスピースは消耗品なので、交換目安としては、3~6ヵ月ごとに交換してください。

マウスピースは1ピース6ユーロ(1ユーロ130円の場合:日本円で780円)で購入可能です。
(以下:1ユーロ130円で統一)

2:ハンドピース(本体)

ハンドピースには、歯を十分に磨くことのできる多彩なバイブレーション機能が備わっており
巧みなアルゴリズムから異なる共振周波数でしっかりと磨くことを実現しています。

バッテリーは1度の充電で28回使用可能で、
1日1回の使用なら1ヵ月程は充電なしで使い続けることができます。

1日2回の歯磨きなら充電なしで2週間は使用出来ます。

また、ハンドピース本体は家族で共有することができ、
歯ブラシ部分である、マウスピースを変えるだけで使用することができます。

3:歯磨き粉カプセル(歯磨き粉)

歯磨き粉カプセルには、歯磨き粉が入っており、
ハンドピースに装着するだけで、自動的に歯磨き粉の量を調節して出してくれます。

歯磨き粉カプセルは消耗品で1つに1ヵ月使用可能な量が入っており、カプセルの種類は、

白:ホワイトニング

青:エクストラフレッシュタイプ

赤:知覚過敏(フッ素加工なし)

以上の3種類を取り揃えています。

歯磨き粉カプセルは1カプセル3ユーロ(約390円)で購入可能です。

補足:カプセル以外にも、マウスピースに通常私達が使用している歯磨き粉を付けることでも使用することが可能です。

使い方

使用方法は簡単で、
Amabrushのブラシ部分(マウスピース)を口にくわえ、
本体(ハンドピース)についている電源ボタンを押すだけで使用できます。

1:Amabrushを口に入れてボタンをプッシュ

2:そのまま10秒待ちます

3:Amabrushを口から出し、すすぎます

4:歯磨き完了

ハンドピースとマウスピースはマグネットで引っ付いているので
取り付けも取り外しも簡単にできます。

本当に10秒で歯磨きができるの?

まずは、こちらの動画をご覧ください。

ご覧のとおり、とても簡単かつお手軽に歯磨きをすることが可能です。

手動で歯磨きをする手間もないので、
歯磨きの時短にもなり朝の忙しい時間にも余裕が持てますね。

それに、こんなに簡単に歯磨きができたら、
歯磨きが苦手な子どもや、手が不自由な方や、介護の場でも活躍しそうです!

お手入れ方法

通常の歯ブラシ同様、優しく歯ブラシを水に流して汚れを落としてください。

評判や口コミは?

口コミに関しては、まだ発売されていないのでありませんが、
評判はとてもいいです!

まだ、国内に知られたのも最近ですが、
国内では、すでに欲しいという方がたくさんいます!

ちなみに私もその1人です。
早く発売しないかな。

スポンサーリンク

ネットでの反響

いいね!

「ポイント磨き電動ブラシを導入したらムチャクチャきれいになった。こういう物の進化は期待してるわ」

「歯の裏側磨きに良さそう」

「動きはキモいが、面白いなw俺も欲しいわ」

「1日10分歯磨き使ってたら、一生で200日分ぐらい節約できる」

そうでも

「国内の歯医者さんの意見も聞きたい」

「イラネ」

「歯がない」

「問題はランニングコスト(定期的にかかるコスト)だな」

関係ないコメント

「人間用洗濯機はまだかいな」

「違う目的で使うやつが絶対に現れる」

「この程度の製品も開発できなくなったんだな、日本のメーカーは」

などなどネットでは多くの声があり、注目を浴びています。

価格や発売日はいつ?

購入は kickstarter からできます。

AmabrushはクラウドファンディングのKickstarterで製品化に向けて出資を募集しています。

クラウドファンディングとは、

不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うこと

引用:wikipedia

要するに、製作費が回らない為、他の方からインターネット経由で出資を募ることです。

当初は5万ユーロ(約650万円)が目標でしたが、
7月16日現在では、1万人以上の出資者から140万ユーロ(約1億8200万円)以上の出資が集まり予想を大きく上回っています。

出資プランと手に入る製品の内容については、 kickstarter から確認できますが、
以下にも情報を載せておきます。(先着のため売切れの場合アリ)

7月16日現在の利用可能なパッケージ

79ユーロ(約10,270円):ハンドピース、マウスピース、歯磨き粉カプセル、普通の充電器(先着1800人、2017年12月到着)残り50人(7月16日)

88ユーロ(約11,440円):ハンドピース、マウスピース×2、歯磨き粉カプセル×2、普通の充電器(先着1500人、2017年12月到着)残り176人(7月16日)

99ユーロ(約12,870円):ハンドピース、マウスピース、歯磨き粉カプセル×3、ワイヤレス充電ステーション(12月到着)

114ユーロ(約14,820):ハンドピース、マウスピース×2、歯磨き粉カプセル×6、ワイヤレス充電ステーション(12月到着)

289ユーロ(約37,570円):ハンドピース×3、マウスピース×3、歯磨き粉カプセル×9、ワイヤレス充電ステーション×3(12月到着)

445ユーロ(約57,850円):ハンドピース×5、マウスピース×5、歯磨き粉カプセル×15、ワイヤレス充電ステーション×5(12月到着)

上記の商品の値段に合わせて、日本への発送には別途20ユーロ(約2600円)必要です!
出資の締め切りについては、2017年8月5日(土)の21時までとなっていますのでご注意ください。

こちらの rakunew でも購入することが可能です。
発売日は、2018年1月以降以降で、現在(7/16)予約が可能です。

価格に関しては、送料・税込み:17590円です。

内訳は、
商品:79ユーロ、現地税:6%、現地送料:15ユーロ、為替:137.32
安心サポート料:2729円、消費税:1302円

消耗品についての価格は以下です。

マウスピース
1ピースあたり6ユーロ約780円)で購入可能です。

歯磨き粉カプセル
1カプセルあたり3ユーロ約390円)で購入可能です。

追記:現在安く買える情報を更新!(9月24日)

 amabrush.com から最大45%OFFで購入できます!

2018年2月に配送予定です!
パッケージは、上記のサイトから確認できます。

注意:送料に関しては、日本への発送の場合20ユーロ(約2600円)かかります。

今回、私も購入したので届き次第、
使い心地や感想など、ブログとツイッターにて発信しますね!

まとめ:国内で取り扱えば完璧!

今回は、10秒で歯磨きできる「Amabrush」についてまとめました。

本当に10秒という短時間で磨けることは凄いですが、
ちょっとコスパが、特に送料に関して気になる感じですね。

現在だと海外から買うしかないので、送料がお高くついちゃいますからね。
これから、国内で販売されたらいいなと感じます。

でも、私はそれでもちょっと気になるので、現在購入を検討しています。
もし買った場合は、こちらで追記してレビューしますね。
→買いました!!届き次第、当ブログとツイッターにて発信します!

では、今回は、

10秒で歯磨きできる「Amabrush」の使用方法から評判・値段・発売日についてのまとめ

でした。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

このたびの記事に関する画像は kickstarter 様より出典いたしました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

7月10日よりTwitterはじめました!

7月10日より Twitter はじめました。

「記事が役に立った!」と思ったら、フォローお願いします!